天竜浜名湖鉄道に乗って、大河ドラマ館へ

 2週間ほど前に妹一家が、井伊直虎ゆかりの地を旅行してきました。

hiro-beans-attack-no1.hatenablog.com

 私も気賀駅のすぐそばにある大河ドラマ館へ行ってきました。

f:id:hiro-beans-attack-no1:20170828220040j:plain

気賀駅は、天竜浜名湖鉄道にある駅です。

国鉄二俣線

1987年に第三セクターに転換されました。

www.tenhama.co.jp

私は掛川駅から乗り、途中気賀駅で大河ドラマ館を見学後、今度は終点新所原まで乗りました。

ワンマン電車、一両編成、無人駅もたくさんあり・・・の、ローカル感ハンパない路線。

景色がいいというよりは、森の中を走ることが多くて、トンネルも多くて、ファンタジーな気分でしたね。

で、電車は、

f:id:hiro-beans-attack-no1:20170828220623j:plain

柴崎コウさんまでアップになっちゃって、おもいきり「直虎」してるし💦

気賀駅はもちろん、直虎一色。

f:id:hiro-beans-attack-no1:20170828221005j:plain

駅は静かでしたが、気賀駅から徒歩1分のところにある「大河ドラマ館」は、平日にもかかわらず、けっこうな人でした。

f:id:hiro-beans-attack-no1:20170828221140j:plain

政次ロスに便乗して、政次コーナーを開設したとテレビでやっていたので、思い立ってやってきましたが、政次コーナー、「ん?これ?」って感じでした(笑)

ここまで来たのなら、龍潭寺や気賀の港まで足を伸ばせばいいのでしょうが、なにしろ私は90歳の母を介護している身。

そんなに遅く帰るわけにもいかず、大河ドラマ館だけで、帰りました。

大河ドラマ館よりも、天竜浜名湖鉄道がなんだか印象的でした。

すごくのんびりとした風景、見渡す限りの田んぼや畑、気賀駅も「直虎」のことがなければもっと静かな街なのでしょう・・・と思いきや、「え?ここって、浜松市北区?」

f:id:hiro-beans-attack-no1:20170828221744j:plain

浜松市、人口80万人近くの大都市じゃないですか。

 

昨日の「おんな城主 直虎」では、気賀が大変なことになっていました。

肝心の直虎が「政次ロス」になっちゃって、ぜんぜん指揮できてないし。

視聴者が政次ロスならわかるけど、直虎さんが政次ロスになってちゃ、話すすまないでしょ。

龍雲丸も危ういし、今川氏真掛川城に逃げ込んでるっていうし。

で、その話はまた後日。

直虎どーもくん 根付 ( 直虎どーも )

直虎どーもくん 根付 ( 直虎どーも )