猫と介護 Bettyのブログ

猫と介護と日々の出来事

夢と現実の狭間で

ブログランキング・へ
 猫ブログ MIX茶猫へ
 介護ブログへ

昨日、ZUMBAを踊るために、夜8時頃出かけた。

私が出かける時、91歳の母はもうパジャマに着替えて布団の中でウトウトしていた。

f:id:hiro-beans-attack-no1:20170909065702j:plain

私はZUMBAを楽しみ、お風呂にもゆっくり浸かって、楽しかったZUMBAに興奮しながら、ハイテンションで夜10時に「ただいま~♥」と帰宅した。

すると玄関に母が立っていた。

さっき出かける時にはパジャマだったのに、服に着替えている。ショルダーバックまで準備している。出かける仕度をきちんとしている。

???何が起こった???

母が「寝てたんだけど、起こされたのよ。お父さんに何かあったらしくて、すぐにでかけなくちゃ。」と言う。

「起こされたって?誰に?」私と母はふたり暮らしだ。他に誰もいない。

母は私に起こされたのだという。で、慌てて着替えて、私の部屋にいったら、真っ暗で誰もいないから変だなと思って、家の中を探し回っていたらしい。家の中といっても3LDKのマンションだ。広くはない。探し回って、外に行かなくてよかった。

「お父さんはどこに寝てるのかしら。」とまで言う。

私「お父さんって?ママのお父さんではなくて?」

母「違うわ。私の旦那さんよ。」

はい、父の七回忌はこの間終わってますよ~。さぁ、落ち着きましょう。

f:id:hiro-beans-attack-no1:20170909070606j:plain

私が説明しようとする前に母の方から「私、寝ぼけたのかしら。」と言い始めた。

母がわけわからないこと言うのは、たいてい起きた直後。夢をみた後だ。

「そうね、夢をみたんじゃない?おとうさんはどこにいるかわかる?」と私が言うと、母は「愛人のところよ」と言ってプっと吹き出した(笑)そう、現実そんなこともあったね。

「亡くなったのよね。」と言い直した。

 

母は完全な認知症ではないけど、うたた寝すると、頭が夢から醒めないようだ。

私だってそんなことある。昼寝から飛び起きて「今、何時!?寝坊した!?お弁当作らなきゃ!!!あ・・・昼だったか。」みたいなことある。

だから、おかあさん、まだまだ認知症ではないよ、大丈夫。ま、ちょっと危ないけどさ。お薬も飲んでるから、そうそう進行しないよ。

f:id:hiro-beans-attack-no1:20170909071403j:plain

 

先日は母が朝起きたなり、「夢みたのよ・・・」と言いだした。

「胡瓜をたくさんもらった夢。ウチでもたくさん採れたのに、こんなにたくさんどうしようと思って。確かお隣さんからもらったような。」

一戸建てに住んでいた時、父と母は家庭菜園を楽しんでいた。夢でその頃にタイムスリップしたのだろう。

「夢よね。すごくたくさん胡瓜をもらったの。ところで、あなた胡瓜いる?少し持っていく?」と言う。

だからぁ、それは夢だって自分で言ってたじゃん(笑)

持っていくもなにも、私とおかあさんは一緒に住んでるでしょ。

 

胡瓜、高くなってきた・・・ほんと、もらえたらどんなに嬉しいか(笑)

f:id:hiro-beans-attack-no1:20170909071933j:plain

辛子漬にしました。

胡瓜4本

お砂糖大さじ3

塩小さじ2

ねり辛子3~4cm

それらをすべてジップロックにいれてシャカシャカ・・・と。

以前、職場の同僚に教えてもらってから、いつもお弁当にいれてました。今は母の朝ごはんの定番です。

きゅうりの辛子漬 90g×5袋

きゅうりの辛子漬 90g×5袋