猫と介護 Bettyのブログ

猫と介護と日々の出来事

検察側の罪人~ネタバレ注意

ブログランキング・へ
 猫ブログ MIX茶猫へ
 介護ブログへ

映画観てきました。

自分へのご褒美に、2か月に1回映画を観ることを許しています(笑)

今回の映画は、ニノとキムタク検察側の罪人

 

検察側の罪人

検察側の罪人

 

 

ニノなら、間違いなく演じてくれるでしょう。

で、キムタクは?いつものキムタク?

・・・そんな先入観で観た映画検察側の罪人

 

そのとおりでした。

 

ニノ、全く違和感ない。

ナチュラルに、そして確実に、役になりきれる。

で、キムタク。

確かに、キムタクのまんまでした。

でも30分も観ているうちにそれに慣れた。

2人の熱演もあり、十分楽しめました。

 

私は原作を読んでいません。

楽しめたという大前提で。

これ、W主演っていうけど、本当はニノが演じる沖野が主人公なんじゃないの?

で、キムタクはダークヒーローだよね?

 

この最上の役を引き受けたキムタクは、新境地を開く覚悟で、敢えて沖野ではなく最上を熱演したのでしょう。

本当なら、沖野をキムタクが演じて、最上を平岳大がやってもよかったんじゃないの?

というか、平岳大の丹野という役、まるまるいらない。

政治だの宗教だの丹野の夫婦問題だの、ちょっとこの物語欲張りすぎです。

吉高由里子が、実は潜入ルポライターというのも必要な設定か?

 

インパール作戦に触れていたのは、引き込まれました。

インパール作戦とは、1944年3月に日本陸軍により開始され7月初旬まで継続された、援蒋ルートの遮断を戦略目的としてインド北東部の都市インパール攻略を目指した作戦のことである。作戦に参加した殆どの日本兵が死亡したため、現在では史上最悪の作戦と呼ばれる。ウィキペディアより引用

でも完全に引き込まれる寸前のところまでは、話を掘り下げなかったので、ちょっと消化不良気味に終わりましたけど。

 

昨年のNHK朝ドラ「ひよっこ」で、変なおじさんこと宗男叔父さんがインパール作戦に関わっていたという設定でした。

その後、昨年9月にNスぺで詳しく「インパール作戦」について解説していました。

考えさせられました。

なので、この映画も、どうせ取り上げるのなら、もうちょっと深いところまでいってほしかった。

 

f:id:hiro-beans-attack-no1:20180913173629j:plain

京急線、GWはこ~んなに可愛いリラックマでした。

f:id:hiro-beans-attack-no1:20180913173730j:plain

電車の撮影って、焦っちゃって上手くいかない。ブレちゃった😅

 

でも今回は、北斗の拳だった・・・😲

f:id:hiro-beans-attack-no1:20180913173541j:plain

 

ひよっこ」で、宗男叔父さんを演じた峯田和伸さん、昨日は「高嶺の花」が最終回でした。

賛否両論あった石原さとみさんの恋人役でしたけど、私は好きでした。

ピュアな中年男の恋愛、真っ直ぐな気持ち、すごくかっこよかったです。

香里奈もドンピシャな役でした。

天海祐希さん、米倉涼子さん・・・の次に続くかっこいい女優さんになってほしいなと思います。