猫と介護 Bettyのブログ

猫と介護と日々の出来事

育児中、その言葉は言ってほしくなかった

ブログランキング・へ
 猫ブログ MIX茶猫へ
 介護ブログへ

私がたくさん拝読させていただいているブログ。

まだまだお若い30代~40代の主婦ブロガーさんは、育児についてのお話、悩みなどもよく書かれていて、「あぁ、私も同じことで悩んだことあったなぁ。」とか「へぇ~今はこんな便利グッズがあるんだ。」と遠い昔に思いを馳せて、興味深く読ませていただいています。

 

年子の3人を育てていた頃は夢中で、自分の育児が見えていませんでした。

失敗もいっぱいあったし。

大変なことが多くて、楽しい思い出というよりも、いつもバタバタしていた感じです。

子供たちはよくぞ今立派になってくれました。

でも今はこの年齢になって、第三者の立場で、若いおかあさんの言動に疑問を感じることがあります。

 

先日、横断歩道で信号待ちをしていた時。

私の後ろに幼稚園児くらいの男の子を連れたお母さんがいました。

後ろなので顔は見えません。

そのお母さんがすごく怒っているのです。

何かを男の子が紛失してしまったようなのです。

で、人目はばからずおかあさんが怒っているわけですが。

(うん、私もよくやりました。感情的になると、人前だろうと窓が開いて外に声が駄々漏れだろうと、感情にまかせて子供に怒鳴りまくる💦)

でも、そのおかあさんの言葉が気になりました。

「どうして、失くしたの!?これで何個め!?」

・・・どうして、と言われても、理由なんかないよねぇ。そこまでは苦笑。

でも次の台詞。

「どうして、そんなに悪い子なの!?」

え?それ言う?

悪い子じゃないよ、その子、きっと悪い子じゃないよ。

ドウシテ、ソンナニワルイコナノ

ナゼナラバ、〇〇ダカラデス・・・なんて答えられるわけないじゃん!

そのおかあさんも子供からの答えなんか求めていない。

ただただ、感情にまかせて、子供にあたっているのです。

でも「どうして、そんなに悪い子なの!?」とは言っちゃいけない。

その子は自分を悪い子だと思ってしまうだろうか・・・

 

悲しい虐待のニュースに目をそむけたくなる思いですが、誰しもみんな小さな小さな虐待をしているのかも。

私も幼稚園児だった長男が、庭で採れたての土だらけのジャガイモに大喜びして、布団の上でころがした時、怒鳴りまくり、帰宅した主人が「近所中に響きわたっているぞ。」と呆れられたことあったっけ。他にもたくさんたくさん・・・

今思うと、たかがジャガイモころがしたくらいで。布団は土だらけになったけど。

孫が同じことしたら「あら、あら・・・」って笑って、掃除するだろうな。

 

そのおかあさん、冷静になったら「今度は失くしちゃだめよ。」と優しく新しい物を渡しているかもしれません。

 

友人が作ってくれました。パッチワークの小銭入れ。

硬貨を入れると汚れちゃうので、小物入れにします。

 

f:id:hiro-beans-attack-no1:20180616130515j:plain

 

猫好きの私のために、⤵こんな小銭入れを作ってくださった友人もいます。

飴入れにしています。

 

f:id:hiro-beans-attack-no1:20180616130601j:plain

 

引っ越す時にお餞別にくださいました。

これを作ってくれた友人は私以上の猫好き。

 

f:id:hiro-beans-attack-no1:20180616133708j:plain