みんなが私を蔑ろ(ないがしろ)にする

ジム友さんからお菓子をいただきました。

f:id:hiro-beans-attack-no1:20180608160404j:plain

お饅頭は鎌倉の「日陰茶屋」

サザンの曲で有名になりました。


鎌倉物語  サザン桑田 MusicBox

 

お昼ご飯の後に、母とおしゃべりしながら、このいただいたお饅頭1個とマドレーヌ1個食べたら眠くて、眠くて・・・自分の部屋でうつらうつらしていたのです💤

すると突然、

「うぉ~~~~!」

という、とんでもない声が聞こえてきたのです。

ん?なんだ?

母の泣き声だったのです。

 

「どうしたの、どうしたの。」と半分寝ていた目をこすりながら、母のところへいくと。

「みんなが私を蔑ろにする~~~!」

と言って泣いているのです。

「なんの話?」

「だって、アンタは明日からどっか行っちゃうんでしょ?」

あぁ、さっきお菓子を食べながら「私は明日から金沢旅行だから、ここには妹が来るからね。」と言ったのです。今日初めて言ったわけではないのですが、母は初めて聞いたと思っているらしいです。忘れるからね(笑)

 

「明日から、私はどうすればいいの!?」と母。

「だからぁ、留守の間は〇子(妹)が来るって言ってるでしょ。」

「〇子(妹)なんて来ないわよ。もうずっと来てないじゃない。」

いやいやいや・・・毎週来てるから。この間の土日も連日来てるから。妹は普段は仕事をしているので、週末に必ず来てくれます。

そう説明してもなんだか母は納得していない様子。

それどころか「私には息子がいない。娘しかいない。本当なら婿をとるべきだったけど、それもかわいそうだと思って、嫁に出した。そしたらこんな仕打ちされた。」と語る語る。

聞いているうちに可笑しくなってきて、私は笑いをこらえるのに必死でした。

 

私の長女が言ってました。

「おばあちゃんってさ、すっごい幸せな老後だよね。」

私もそう思う(笑)

 

娘ふたりがかわるがわる介護。孫も頻繁に遊びに来る。

今晩は、私の長男が泊まりに来る。

誰かが来ると、母は普段にもまして饒舌になり、よく笑います。

明日から私は旅行なので、バタバタするなぁ。

長男には「明日の朝食は用意できないからね、私朝早くに家を出るから。」と了承済み。

 

それにしても、義父の「文句あるなら出て行け!」の罵倒といい、母の「みんなが私を蔑ろにする~~~!」の大泣きといい、わがままな高齢者、なんとかなりませんかねぇ(笑)

hiro-beans-attack-no1.hatenablog.com

 

 

母が泣きやんで(泣いたこともたぶんもう忘れてる)、私も気持ちを切り替えてブログでも打とうと思ってパソコンあけたら、こんなブログが飛び込んできました。

 

www.jennyjp.win

 

なんだか、報われた気分です。

Jenny (id:jflkg4u)さん、言及ありがとうございます。

そして、他の介護ブロガーのみなさんもありがとうございます。

ブログは私の大きな励みになっています。