あら、まだブラウン管テレビを持っていたんですか?

 私がこの母のマンションに引っ越してきて、8か月。

少しずつ、少しずつ、家の中を片づけています。

・・・というか、いろいろな物を捨てています。

91歳の母がパニックにならないように、少しずつ、少しずつ、時間をかけて。

 

hiro-beans-attack-no1.hatenablog.com

 

でもまだ残っていたのですよ、ブラウン管テレビが(笑)

父が使用していた和室のカレンダーはまだ2009年の9月です。

父が亡くなったそのまま「時」が止まっているのです。

その和室にあるブラウン管テレビはずっと父が使用していました。

母の気持ちを察して、そこはそのままにしておいたのですが。

さすがに七回忌も過ぎ、そろそろいいかなと思い、母に「このカレンダー、捨てていいかな。2009年になってるよ。」と軽い口調で聞くと「いいわよ~」と即答。

あら。じゃあ・・・と続けて「このテレビも処分しようか。古いテレビは火事になることもあるんだよ。どうせ使ってないし。」と提案すると、母「火事になるの?それは怖いわ。重いけど捨てられるの?」

私「業者に頼むから大丈夫!」

母「じゃあ、お願い。」

・・・とあっさり解決しました。

父への思いなど、母にはまったくなく、さっさと捨てればよかった(笑)

 

テレビの処分。

ネットで調べて、業者にメールしたところ「3月は忙しいので、引き取りに伺うことはできません」と返事がきました。

近所の小さな電器屋さんに直接行ってお願いしたところ、「大丈夫ですよ。いつ引き取りに行けばいいですか?」と承諾してくださいました。

郵便局に行ってリサイクル券を購入する必要もなく、リサイクル料金3634円+運搬料収集料4200円であわせて7834円かかりました。

 

f:id:hiro-beans-attack-no1:20180322160921j:plain

 

私ひとりでは持ち上げることすらできない重いブラウン管テレビ。

 

f:id:hiro-beans-attack-no1:20180322161023j:plain

 

なくなるとすっきりしました。

 

f:id:hiro-beans-attack-no1:20180322161146j:plain

 

テレビが置いてあった場所には、かわりに長女から譲り受けたテーブルセットが置かれています。古い色褪せた畳にしっくりときていますが、このテーブルセットも必要性は感じられないので、そのうち処分かな。

私はミニマリストには、なれませんね💦

憧れてるんだけど(´;ω;`)

 

ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ -

ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ -