亡くなった父の日記は断捨離する?

f:id:hiro-beans-attack-no1:20180207105813p:plain

お雛様を飾るのは立春を過ぎてから、2月中旬くらいまでが良いとされています。

節分で豆をまき、厄を払ってから飾るという流れです。

「お雛様は2月の風にあてよ」といいますから、遅くとも2月中には飾らなくてはいけません。

この母の住むマンションに越してきてから初めての雛祭りを迎えます。

どこに飾ろうかな~。

 

新年に入り、また少しずつ断捨離をしています。

この本棚、私が小学校の頃に購入した物です。

恐るべし、昭和の人間の物持ちの良さ。

f:id:hiro-beans-attack-no1:20180207111236j:plain

昨年の夏に引っ越してきた時に、「とりあえず置かせてもらおう。」と、私のジム用のウェアなどを収納させてもらった。それから早数か月・・・いい加減に片づけよう(笑)

結婚への引っ越しを控えている二女が、いらなくなった家具をこちらに送ると言っています。

かわりにこの本棚は断捨離です。

 

本棚でみつけた父の日記。

父は2011年に亡くなっています。

f:id:hiro-beans-attack-no1:20180207111435j:plain

何冊もあったのですが、いくつかはすでに処分しました。

でもね。

f:id:hiro-beans-attack-no1:20180207111540j:plain

たいした内容ではなく、日々のニュースなどをメモ書きしているような日記なのですが、読んでいると涙がにじんできます。

痴呆もきていたけど、ニュースをみたり本を読んだりパズルをしたりして、必死に脳の老化をくいとめようとしていたようです。

う~ん、何冊かはこのままとっておこうかな。いつかは捨てる日がくるだろうけど。