91歳の母、頭にたんこぶを作る💦

昨日は雨振りでしたが、今日は良いお天気でした。

f:id:hiro-beans-attack-no1:20171109180834j:plain

今日は朝からあれこれ予定があったので、お天気が良いのは助かります。

その予定のひとつ・・・が、母のための介護用のベッドが届くということ。

f:id:hiro-beans-attack-no1:20171109181156j:plain

介護用のベッド・・・高さを電動で調節できるし、上半身を起こすこともリモコンひとつで電動で自由自在。

f:id:hiro-beans-attack-no1:20171109181347j:plain

母は「高い所が怖くて寝れない。」と言って、床に布団を敷いて寝る派でした。

でも起き上がる時、立ち上がる時が危なっかしくて、転ぶのではないかとヒヤヒヤします。

実際に3年前、トイレに行こうと布団から起き上がる時に転び、それからしばらくの間、数か月にわたって寝たきりになってしまいました。そこからリハビリを行い、今は家の中ではヨタヨタですが、歩いています。さすがに外出は歩行器を使用し、必ず誰かが付き添います。

 

先週、風邪をひき、体調が悪く、起き上がるのがますます危なっかしくなり、ベッドをレンタルすることを納得させました。

f:id:hiro-beans-attack-no1:20171109181924j:plain

身長150cm弱の母には大きすぎるベッドですが、その方が寝やすいでしょう。

わざわざケアマネージャーさんも付き添ってくださり、ベッドの設置完了です。

f:id:hiro-beans-attack-no1:20171109182107j:plain

介護用品のレンタルサービスさんからは、歩行器や車椅子、家の中の手すりなど、いくつかをお借りしています。本当に助かります。

f:id:hiro-beans-attack-no1:20171109182227j:plain

「よかったね~おかあさん。寝心地良さそうね~。」と私もケアマネさんも大喜びですが、母は浮かない顔。

「じゃ、もうお昼だから、おかあさん、ご飯食べましょうね。私はちょっと出かけてくるわ。」

母はご飯を食べ始め、ケアマネさんやレンタル会社担当の方はお帰りになり、私は「なんとか間に合いそう♥」とそそくさとZUMBAをしにスポーツジムに行ったのです。

 

2時間後・・・

 

「ただいまぁ。」と帰宅する私に、母は「ちょっと!ベッドから私落ちて、頭にたんこぶができちゃったわよ!」とたいそう機嫌が悪い💦

「え~~~~~!?」

椅子に座っている母の頭をさわってみる。

できてる!たんこぶだ!

「他は?他はなんともない?痛いところない?」と焦りまくる私。

「他は大丈夫。もうベッドでは寝ない!返品してちょうだい!」

で、ベッドを見ると・・・

f:id:hiro-beans-attack-no1:20171109182856j:plain

布団が乱れてる様子もない。

ベッドから落ちたら、布団だってずり落ちるだろう・・・

だいたい柵があるのに、なぜ落ちる?

頭にたんこぶってことは、頭から落ちたの?普通は腕をついたり、足をぶつけたりするでしょ。でも手も足も痛いところはないらしい。

 

不信感・・・(-"-)

 

「寝てる時に落ちたの?」

「さぁ・・・」

「立ち上がる時に落ちたの?」

「さぁ・・・忘れちゃったわ。」

 

私が出かける時は椅子に座っていた。

そして帰宅した時も同じ椅子に座っている。

その間、本当にベッドで寝たのか?布団は乱れてないけど?

でも、確かにたんこぶができている。

柵にでも頭をぶつけたのかもしれない。

 

とにかく大きな怪我をしなくてよかった。

明日にでも電話をして、ベッドは返品しよう。

せっかく時間かけて組み立ててくださったのに、ごめんなさい🙇

 

f:id:hiro-beans-attack-no1:20171109183822j:plain

 

パウンドケーキ専門店「パブロフ/Pavlov」のお菓子いただきました。

落ち込んでいる時は、小さな気遣いが大きな励みとなります。

ありがとうございます。

www.pavlov.jp