電車で席を譲ってあげた。その時、私は・・・

長女の家に4泊5日滞在しました。

そのうち長女は2泊3日で出張に行っていたので、私は猫ちゃんと留守番でしたが。

f:id:hiro-beans-attack-no1:20170916211438j:plain

長女はいろいろとよくしてくれました。

着いたその日は夕飯を用意してくれて。

f:id:hiro-beans-attack-no1:20170916211638j:plain

その日の職場の会議でだされたお弁当のあまりでしたが(笑)

美味しかったです。

今日、帰る前もご飯をご馳走してくれました。中華です。

f:id:hiro-beans-attack-no1:20170916211923j:plain

買い物も一緒にして、洋服を買ってくれました。ありがとうございます。

大切に着ますね。

 

長女の家からの帰り道。

こんな電車に遭遇。

f:id:hiro-beans-attack-no1:20170916212152j:plain

真っ赤な電車。そして、描かれているのは・・・

f:id:hiro-beans-attack-no1:20170916212255j:plain

金目鯛です(笑)

f:id:hiro-beans-attack-no1:20170916212350j:plain

 

帰りの電車、そこそこ混んでいたのですが、私はずっと座ることができました。

でも途中から、妊婦さんが乗っていらしたのです。

私の近くで立ってらっしゃったので、私は迷わず「どうぞ」と席を譲りました。

妊婦さん、嬉しそうに躊躇することなく、「ありがとうございます」と笑顔で腰かけられました。

私の隣りもそのまた隣りも若いお嬢さん。

私の行動を見てどう思ったかな。

私はけっこう大きなバッグを持っていたのですが、それを肩にかけて、手すりにつかまり、何を考えていたかというと、その隣りに座ってらしたお嬢さん方への優越感でいっぱいでした(笑)

「一日一善。いいことして良かったな。妊婦さん喜んでくれてよかったな。」という気持ちも多少はありましたが、「お嬢さん方。あなた方は席を譲ってあげなかったよね。私よりずっと若いのに。私は譲ってあげたよ。どんなもんだい。あなた方にできなかったことを私はしたんだよ。敗北感はあるかぁ~い?」なんてことを考えてました。たぶんその時の私、かなり嫌なおばさんの顔してたと思うんですけど。

それからまもなく、席があき、私は座りました。荷物が重かったので正直助かりました。

その後その妊婦さんは「大きな荷物持ってらっしゃるのに、ありがとうございました。」と御礼を言ってくださり、私は「とんでもない。大切になさってください。」とにこやかに返しました。

 

私は長男を妊娠中、駅のホームで立っていたら、急に動悸が激しくなり、立っているのが苦しくて、でもベンチがあいてなくて、しゃがみ込んでしまったことがありました。

席、やっぱり譲ってあげたいな。