立秋を過ぎたら残暑見舞い

長女から画像が届きました。

職場の軒下に・・・

f:id:hiro-beans-attack-no1:20170910161438p:plain

ん?

f:id:hiro-beans-attack-no1:20170828190944p:plain

つばめの子供たちですね。

この時期に巣を作り、子育てをしているのです。

鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ。

鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ。

 

普通、つばめの子育ては春から初夏のイメージがありますから、少し遅いです。

でも9月くらいまで子育てをするつばめもいます。

あまりに暑いと子育ては大変です。死んでしまう場合もあるそうです。

f:id:hiro-beans-attack-no1:20170808205504j:plain

もう立秋を過ぎていますが、まだまだ暑い日が続きます。今年の立秋は8月7日でした。

立秋を過ぎると暑中見舞いではなく、残暑見舞いになります。

私は転居のお知らせをまだ出していない方々に、転居のお知らせも兼ねて、先週暑中見舞いを出しました。

夏の涼しいごあいさつ 暑中見舞い・残暑見舞い素材集

夏の涼しいごあいさつ 暑中見舞い・残暑見舞い素材集

 

郵便はがき料金は、今年の6月1日から62円に値上がりしました。

これでは、郵便離れも仕方ないですね。

でも、年賀状は52円のままだそうです。

年賀状を出すのは、12月15日から1月7日。

この期間に出す年賀状は52円です。郵便局で販売される年賀状ならわかりやすいですが、私製はがきの場合は「年賀はがき」と朱色で書かなくてはいけません。

52円で届くのは、あくまでも年賀状だけ。

12月15日から1月7日の期間中であっても、通常のはがきは62円です。

ややこしいですね・・・💦

 

以上、つばめの巣作りから、暑中見舞い、郵便はがきの値上げについて・・・でした。